/

この記事は会員限定です

電力卸価格、11月は過去最高 LNG高で前年の3倍に

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

卸電力市場の価格上昇が止まらない。冷暖房などの電力需要が少ない秋にもかかわらず2021年11月のスポット(随時契約)の平均価格は前年同月の3倍の高さで、11月では過去最高となった。火力発電所の燃料となる液化天然ガス(LNG)の高騰が主因だ。電力需要が多い冬場にLNG価格が高止まりすれば、電力卸価格の高騰も長引く公算が大きい。卸市場から電力を仕入れる新電力会社の経営を圧迫しそうだ。

日本卸電力取引所...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1641文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン