/

この記事は会員限定です

認知症の兆候、血液検査で発見 シスメックスが23年にも

[有料会員限定]

アルツハイマー病の兆候を微量の血液で発見する技術が実用段階に入っている。血液検査装置大手のシスメックスは病院内で簡便に調べられる試薬を2023年春にも実用化する。アルツハイマー病は発症初期の治療が重要で薬の開発も進むが、初期段階の患者を見つける検査体制は未整備だ。低コストの検査が確立すれば診断や治療の流れが変わり、患者の生活の質向上や医療費抑制につながる。

現在のアルツハイマー病の診断方法は問診やテスト、磁気...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1501文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン