/

この記事は会員限定です

ソフトバンクG総会 孫氏「情報革命の資本家になる」

ファンドのAI投資、拡大方針を説明

(更新) [有料会員限定]

ソフトバンクグループは23日、東京都内の本社で定時株主総会を開いた。同社は2021年3月期連結決算で日本企業として過去最大の純利益を記録した。孫正義会長兼社長は総会で「情報革命の資本家になる」と説明し、人工知能(AI)関連企業に出資し、その成長を支えるファンド事業を今後も拡大していく戦略を改めて強調した。株主からは、投資先の経営破綻などを受け、ソフトバンクGのガバナンス体制を懸念する声が出た。

今回の総会は新型コロナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4293文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン