/

医用画像AIの開発・活用、東大やソフトバンクが新組織

日経クロステック

東京大学、ソフトバンク、ヤフー、クリプタクト(東京・新宿)などは20日、「医用画像通信技術研究組合」を設立した。目的は、コンピューター断層撮影装置(CT)検査や磁気共鳴画像装置(MRI)検査といった医用画像分野における人工知能(AI)開発や活用の推進である。

同組合では、患者の同意を得たうえで、医用画像データを安全に取得してAIの教師データを作成する。さらに、AI開発に取り組む研究開発機関や企業に提供するための医用画像運用プラットフォームを構築する。医用画像の匿名化技術やブロックチェーン(分散型台帳)技術、教師データの作成技術などの研究開発にも取り組む。

役割分担は以下の通りだ。東大は医用画像の匿名化技術やAIの教師データの作成技術に関する研究開発、医用画像運用プラットフォームおよび患者用アプリケーションの開発や検証を担当する。ソフトバンクは医用画像運用プラットフォームの基盤となる通信ネットワークに関するノウハウの提供や、医用画像運用プラットフォームの検証・実証実験の支援を担う。ヤフーは研究開発成果の社会実装や事業化を支援し、クリプタクトはブロックチェーン技術を開発・検証する。

(日経クロステック/日経コンピュータ 伊神賢人)

[日経クロステック 2022年5月20日の記事を再構成]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン