/

この記事は会員限定です

強い会社は「ワーク・イン・ライフ」 働き方の革新探る

スマートワーク経営調査

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍を境に日本の働き方は一変した。テレワークが定着し業務プロセスや会社組織もそれに対応した形になった。コロナ禍の収束でオフィス回帰も進むが、求められているのはコロナ下の2年半の試行錯誤を生かしつつ、働き方の革新を続けられるかだ。2022年のスマートワーク経営調査では、取り組みに先行する企業が上位を占めた。

東京海上日動火災保険で働く蓮沼翔子さん(33)は、今年4月から新規事業など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2983文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません