/

この記事は会員限定です

そごう・西武売却、ローンスターなど複数ファンド応札

[有料会員限定]

セブン&アイ・ホールディングスの百貨店子会社、そごう・西武の売却を巡る入札に、投資ファンドの米ローンスターとシンガポール政府系ファンドのGICなどが応札したことが分かった。セブン&アイは今後、提示額や売却後の雇用など条件を精査して、最終的な売却先を選ぶ。

セブン&アイは2月からそごう・西武の売却手続きを進めており、23日が2次入札の締め切りだった。1次入札で残っていた米ブラックストーンは応札しな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り497文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン