/

この記事は会員限定です

「尿素水」原料 三井化学15%増産 阪和興業は代替調達

国内品薄に対応 安定供給には課題も

(更新) [有料会員限定]

ディーゼル車の排ガス浄化に必須の「尿素水」の原料となる尿素不足で、メーカーなどが対策に動き出した。三井化学は12月以降、工場の定期修繕前より15%増のフル生産に乗り出す。商社の阪和興業は東南アジアなどから代替調達する。品薄感は2022年2月ごろに薄まるとの見方があるが安定供給の見通しは不透明だ。経済産業省が国内メーカーに増産要請したこともあり供給増を急ぐ。

尿素を純水に溶かしたものが尿素水で、デ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1039文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン