/

この記事は会員限定です

ゲームPCにインテル本気 GPU投入、エヌビディアに挑む

[有料会員限定]

米インテルがゲーム用パソコン(PC)の「頭脳」を担う半導体の開拓を急ぐ。画像処理向けの専用製品を本格投入するほか、演算向けの製品でもシェアの奪還を進める。画像処理向けはこれまで米エヌビディアが強く、演算向けでも米アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)の存在感が増していた。半導体がメタバース(仮想空間)など向けに高度な性能を要求される中、ゲーム用の市場は各社の技術力を示す格好の試金石ともなる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1792文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン