/

この記事は会員限定です

インテル、停滞懸念一段と 米支援法案に遅れ

[有料会員限定]

【シリコンバレー=佐藤浩実】米インテルの停滞懸念が一段と強まっている。21日発表した2021年7~9月期決算は市場予想を下回り、株価は時間外取引で一時9%安と急落した。期待を寄せる米政権の半導体支援法案も成立していない。パット・ゲルシンガー最高経営責任者(CEO)は21年を「転換の年」と位置づけるが先行きの不透明感を拭えずにいる。

「他の部品の制約がなければ、我々はもっとたくさん出荷できた」。ゲル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り776文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン