/

この記事は会員限定です

野菜やパン、電車でお届け 食品ロス削減

[有料会員限定]
NIKKEI MJ

新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が広がり、鉄道各社の企業業績は急速に悪化した。ヒトの移動が減る中で、代わりに旅客列車でモノを運ぶ「貨客混載」の試みが始まった。郊外の畑で収穫した野菜を都心の駅まで運んで販売したり、地方のコンビニエンスストアに新幹線でパンを運んだりと、新たな取り組みが広がりつつある。

30分で野菜完売

「野菜を電車で運んできたと聞いてびっくりした」

東武線の池袋駅地下に設けられた野...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り978文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経MJ

創刊50周年を迎えたマーケティングの専門紙「日経MJ」のコンテンツをまとめてお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン