/

求人広告件数3月48%増 131万件、飲食再開で伸びる

人材サービス会社でつくる全国求人情報協会(全求協、東京・千代田)が25日発表した2022年3月の求人広告件数(週平均、職種別)は、前年同月比48.1%増の131万3430件だった。3月下旬に新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ「まん延防止等重点措置」が全面解除され、通常営業の再開に向けた飲食店が採用を強化した。

職種別にみると、飲食店のホールスタッフなどの「給仕」が85.1%増の16万4977件、「調理」は84.7%増の12万3581件で全体をけん引した。重点措置の全面解除を受けて、飲食店では酒類の提供などに制限がなくなった。客足が回復するなかで求人広告が増えたほか、3月末に学生アルバイトが退職するのを見据えて各社が採用に力を入れた。

エン・ジャパンの中島純氏は「昨秋以降からリオープン(経済再開)に向けて飲食各社が出店を再開したことで人手が必要になっている」と指摘している。一方、「新型コロナの影響は依然として見通せない。再び営業に制限がかかる可能性もあり、働き手の確保には苦戦している」と話している。

「運搬・清掃・包装等」は59.3%増の16万346件。コロナ禍では在宅時間が増えたことで電子商取引(EC)市場が伸びており、配達や倉庫内作業に関わる人材募集が増えている。「IT(情報技術)技術者」は26%増の7400件だった。デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む企業が増えており、ITエンジニアなど専門職の需要が拡大している。

雇用形態別では「アルバイト・パート」は50%増の84万8712件と全体の約75%を占める。「正社員」は30.6%増の21万2732件、「契約社員他」は37.7%増の6万742件だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン