/

この記事は会員限定です

川崎汽船が経常最高益 4~9月300億円上振れ、物流逼迫

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

川崎汽船の2021年4~9月期連結経常利益は前年同期比23倍の2300億円程度になったことがわかった。従来予想を300億円上回り半期ベースで過去最高益だった。主力のコンテナ船市況が一段高だ。新型コロナウイルス禍からの正常化に向けた経済活動が活発になっており、世界的な物流の逼迫状況が海運企業の業績に顕著に反映されている。

川崎汽は5月時点で当初、21年4~9月期経常利益を440億円で見込んでいたが、その後、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り721文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン