/

この記事は会員限定です

福島の小児甲状腺がん 「過剰診断」で検査見直し必要

がん社会を診る 東京大学特任教授 中川恵一

[有料会員限定]

東京電力福島第1原子力発電所の事故から、11年がたちました。チェルノブイリとは違い、福島では住民の被曝(ひばく)量は非常に少なく、放射線による直接的な健康被害は皆無といえます。

国連科学委員会も、2021年3月に公表した報告書で、「放射線関連のがん発生率上昇はみられないと予測される」と結論づけています。

福島では、小児甲状腺がんの患者が増え続けています。県は、原発事故後の県民健康調査の中で、事故...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り820文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン