/

この記事は会員限定です

モビリティテクノロジーズ、自動運転タクシーを実用化へ

[有料会員限定]

タクシー配車アプリ大手のモビリティテクノロジーズ(東京・港)の川鍋一朗会長は日本経済新聞のインタビューに応じ、2025年までに自動運転タクシーを使った配車サービスを実用化したい意向を示した。都心から郊外への移動の自動運転化を目指す。実用化に向けた検証を急ぐ考えだ。20年にはKDDIなどと組み、実証実験を行ってきた。

サービスに使う車両は、東京五輪・パラリンピックの選手村で実際に使われる予定のトヨタ自動車の電気自動車(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り459文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン