/

この記事は会員限定です

4~9月損益改善、首位は三菱商事 資源高や円安で明暗

決算ランキング(1)

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える
訂正11月28日16:00に公開した記事中、三菱UFJフィナンシャル・グループについて「米国金利上昇で債券価格が下落した影響で、保有する外国債券の含み損などが響いた」とあったのは誤りでした。当該部分は修正済みです。

上場企業の22年4~9月期業績は資源高やインフレ、急激な円安など事業環境の激変で明暗が分かれた。最終損益の前年同期比増減額をランキングしたところ、資源価格や物流費の上昇の恩恵を受ける商社や海運、石油が並び、首位は三菱商事だった。一方で、電力や自動車などは燃料や原材料費の上昇が損益悪化の要因になった。

変則決算などを除く3月期決算企業を対象に日本経済新聞が集計した。上場企業の22年4~9月期の純利...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1815文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません