/

ホンダ社長「ソニーとのEV協業、自社にも生かす」

ホンダは22日、東京都内で定時株主総会を開いた。ソニーグループと進める電気自動車(EV)開発の協業について、三部敏宏社長は「協業で得た成果はホンダにも取り込んでいきたい」との考えを示した。両社で年内に新会社を設立し、2025年に第1弾のEVを発売する計画だ。

三部社長は株主に四輪車の電動化について説明する中でソニーGとの協業に言及し、「モビリティの概念を広げることに挑戦する」と強調した。両社は16日に折半出資の新会社、ソニー・ホンダモビリティを設立すると発表。車体の開発をホンダ、通信や車載エンターテイメントなどをソニーGが担う見通しだ。三部社長は新会社から発売するEVについて「ホンダのラインアップとは一線を画す」と話した。

ホンダは四輪車のEVシフトを急速に進める。30年にEVの生産台数を全体の4割にあたる200万台強に増やし、40年には販売するすべての新車をEVか燃料電池車(FCV)にする方針だ。ソニーGのほか米ゼネラル・モーターズ(GM)など外部企業と連携を強めている。

同日の株主総会に出席した株主は前年より63人多い147人で、所要時間は1時間16分だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません