/

日産、「スカイライン」5%値上げ 原材料高で

(更新)

日産自動車は22日、主力の高級セダン「スカイライン」を10月末から値上げすると発表した。最大27万円と約5%の値上げ幅になる。一部の仕様変更は伴うが、鋼材などの原材料高が主因だ。日産はすでに電気自動車(EV)「リーフ」を値上げする方針を固めており、三菱自動車マツダなどの中堅車メーカーに次いで値上げの波が広がりつつある。

スカイラインは日産を象徴するスポーツセダン。4つのタイプのうち、最高級の「400R」は従来価格から27万3900円引き上げ、589万9300円とする。日産は主力EVのリーフで値上げをすでに発表。旧来価格での受注を23日から停止し、今後値上げ幅を明らかにする方針だ。

国内の車大手が大きな仕様変更を伴わず値上げするのは異例とされてきたが、世界的な鋼材や希少金属、物流費の高騰などにより足元では値上げが相次いでいる。三菱自は8月、ミニバン「デリカD:5」などを約2%値上げした。マツダやSUBARU(スバル)も主力車種で値上げに踏み切っている。今後は、日産などに続き、最大手のトヨタ自動車が値上げに踏み切るかが焦点になりそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

値上げラッシュ

原材料価格や物流費の高騰を受け、食品・サービスなど幅広い分野で値上げの動きが広がっています。最新の記事をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン