/

この記事は会員限定です

主要企業の2割、役員報酬にESG反映 第一三共など 

[有料会員限定]

役員報酬にESG(環境・社会・企業統治)の実績を反映する動きが広がる。「東証株価指数(TOPIX)100」を構成する3月期決算の日本企業で、2割超が評価項目を導入していることが分かった。ESG課題への取り組みは長期的な企業価値を左右するとみて報酬の形で経営陣の評価に盛り込む。一方で米英企業に比べて低い水準で、ESGの成果の測り方も曖昧な説明が多く、課題が残っている。

デロイトトーマツグループが20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り863文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン