/

この記事は会員限定です

生コン7カ月ぶり最高値更新 東京地区、なお先高観も

[有料会員限定]

生コンクリートの取引価格が東京地区で7カ月ぶりに上昇し、最高値を更新した。生コンメーカーによる大幅な値上げが本格化するのを前に、都心の堅調な工事案件などに必要な分を調達しておこうと建設業界側の駆け込み需要が増えた。今後はメーカー値上げがさらに進むため、先高観もなお強い。都心の再開発などのコストを押し上げつつある。

東京地区の建築用生コンの大口需要家向けの特約店販売価格は現在、1立方メートルあたり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1265文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン