/

自動運転車、視線提示する「目」で安全性向上 東京大学

東京大学の五十嵐健夫教授らは自動運転車のフロント部分に視線を提示する「目」を取り付けることが、歩行者との意思疎通に有効との研究成果を発表した。歩行者に視線を向け、その歩行者を認識していることを伝えることで道路を横断する際などの判断基準になる。往来が多い場所での自動運転車の運用に役立つ可能性がある。

人間の運転者と歩行者の間では、アイコンタクトやクラクションなどで意思疎通ができる。自動運転車ではこれに代わる意思疎通の仕組みが必要になる。研究グループは歩行者が運転者の視線を道路横断時などの基準としていることを踏まえ、視線による情報伝達手法を検討した。

仮想現実(VR)を活用し、モーター駆動の「動く目」を取り付けた自動車と遭遇する場面で被験者が道路横断の可否をどう判断するか調べた。18~49歳の男女9人ずつで実験すると、視線の提示によって危険な横断を減らせる可能性があることや歩行者の主観的な安全感・危険感を高められることが分かった。

男女差もみられ、男性は車両が通過しようとしている危険な状況で道路を横断する確率を下げられた。女性は車両が停止しようとしている安全な状況で無駄に立ち止まる確率が減った。

五十嵐教授は「車と歩行者のインタラクション(相互作用)を考えることが大切だと示す成果だ」と話す。自動運転車は現状では高速道路など安全が管理された状況での実証が進んでおり、歩行者などの往来が多い場面での安全性検証は遅れがちだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン