/

国内粗鋼生産、2月2.3%減 2カ月連続減少

日本鉄鋼連盟(鉄連)は22日、2月の国内粗鋼生産量が前年同月比2.3%減の729万9千トンだったと発表した。足元で新型コロナウイルス禍による大幅減少からの反動増の効果が一巡。自動車の減産も長引く中、2カ月連続で前年実績を下回った。

鋼種別では、用途が広い普通鋼の生産量が566万トンと前年同月比で1.5%減少した。自動車部品など製造業向けが大半の特殊鋼は4.9%減の163万トンだった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン