/

NTTや東大、30年に新型量子コンピューター 光技術開発

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

NTTと東京大学などは22日、光を用いた大規模な量子コンピューターの実現に不可欠な基幹技術を開発したと発表した。次世代コンピューターの本命である量子コンピューターの機能を飛躍的に高める成果という。2022年度から実機の組み立てに着手し、30年に完成をめざす。

量子コンピューターは従来のコンピューターには難しい高度な計算を可能にする次世代技術だ。19年に米グーグルが最先端のスパコンで1万年かかる問題を約3分で解き「量子超越」と呼ぶ成果をあげた。まだ研究途上だが問題によっては1億倍超の高速化が見込め、素材や薬の開発、人工知能(AI)の利用に革新をもたらす可能性を秘める。米国のグーグルやIBM、中国の大学などが開発にしのぎを削る。

NTTや東大が開発した「光量子コンピューター」は量子力学という物理学の理論に基づく光の性質を応用する。NTTと東大、理化学研究所は計算の鍵を握る「スクイーズド光」と呼ぶ特殊な光を高速で安定してつくり出す装置を開発した。「スクイーズド光」と呼ぶ特殊な光を効率よく、安定して発する装置。光ファイバーに送り込み、計算を実行する。

政府はNTTや東大の取り組みを「日本発」の技術として後押しし、22年度から理研で光ファイバーも含めた実機の製作に着手。30年の完成をめざす。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン