/

この記事は会員限定です

百貨店売上高3年ぶり増加 21年度、伊勢丹など都心復調

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で大きな打撃を受けた百貨店の収益が回復しつつある。日本経済新聞がまとめた2021年度の百貨店調査で、国内各店の売上高の合計は前の年度比1割増と3年ぶりの増収となった。コロナ前の80%の水準まで回復した。時計など高額品の販売が伸び、伊勢丹新宿本店(東京・新宿)など都心の店舗の復調が目立つ。(詳細を24日付日経MJに)

全国68社172店の売上高を集計した。21年度の売上高は計4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り704文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません