/

この記事は会員限定です

Web3の才能なぜシンガポールに 失われた日本取り戻す

[有料会員限定]

日本はブロックチェーン(分散型台帳)や次世代型インターネット「Web(ウェブ)3」に関する法律が未整備で、このままでは優れた技術者や起業家が海外に流出してしまう――。そんな危機感がスタートアップ業界だけでなく、国内の政治家の中でも広がっている。活動の場を海外に転じたWeb3の若き才能。その代表が米国シリコンバレーや日本でブロックチェーン技術に磨きをかけながら、2020年にシンガポールへ渡った渡辺...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り6675文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ネット利用者がデータを共有・管理しながら運用する分散型のウェブサービス「web3(web3.0)」。暗号資産(仮想通貨)の仕組みでもあるブロックチェーン(分散型台帳)技術を使い、ネット上の仮想空間「メタバース」とも関係が深い。「非代替性トークン(NFT)」「分散型金融(DeFi)」「自律分散型組織(DAO)」など関連する技術・サービスの仕組みやニュースをタイムリーに発信します。

利用広がる「Web3」 分散型新サービスに脚光

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン