/

この記事は会員限定です

テイ・エステック社長、CASEにらみ異業種と連携

[有料会員限定]

ホンダ系の自動車内装部品大手、テイ・エステックは自動運転やつながる車などの新技術「CASE」の普及を見据えて異業種との連携を進めている。電子部品のアルプスアルパインと業務提携を決め、空飛ぶクルマを開発するテトラ・アビエーション(東京・文京)にも出資した。次世代車ではシートなどの内装部品に求められる性能も大きく変わる見通し。どう対応して成長を目指していくのか。保田真成社長に戦略を聞いた。

――CA...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1551文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン