/

この記事は会員限定です

ニチレイ、冷凍倉庫のコスト2割減 AI導入で

[有料会員限定]

ニチレイグループで冷凍物流事業を手がけるニチレイロジグループ本社は22日、冷凍食品を長期保存する冷凍倉庫の国内全拠点約70カ所に、日立製作所の人工知能(AI)システムを導入すると発表した。冷凍倉庫で生じる霜の除去作業などを効率化でき、維持費用など全体のコストを約2割減らせる見込みだという。

千葉県船橋市の物流センターでAIシステムの実証実験を続けていたが、今後3年間で約70拠点に導入を広げる。センサー付きの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り220文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン