/

iPhone、値上げでますます高根の花に 中古市場に余波

日経ビジネス電子版

「この2週間で中古iPhoneに関する問い合わせが2倍以上になりました。以前から人気だった『iPhoneSE(第2世代)』は、ますます品薄になっています。バッテリーが良好で目立った傷などがなければこれまで2万円台で手に入る価格でしたが、7月以降は3万円を超えています」。こう話すのは、東京・池袋にある家電量販店の中古スマートフォン売り場の担当者だ。

理由ははっきりしている。米アップルが7月1日からスマホ「iPhone」を含む製品について、日本で一斉に値上げしたからだ。今回の価格改定で、最新機種のiPhone13(128GB)の価格は税込みでは9万8800円から11万7800円と2万円近い値上がりで、率にして19%アップとなる。廉価版の機種、iPhoneSE(第3世代、64GB)の価格も5万7800円から6万2800円と5000円上昇、8%の値上げだ。アップルは値上げの理由を明らかにしていないが、今年3月以降米国の利上げを受けて日米金利差は拡大し、円安が急速に進んでいる。ドル建てで見た際の収益低下を回避するために、価格調整を実施したもようだ。

値上げで割高感を持った消費者が中古市場に流れることで、中古スマホ市場の需給にも影響が出ている。iPhoneSEの品薄のみならず、そもそも中古品がまだあまり出回っていない新型機種の買い取り価格がここにきて大きく上昇している。インターネットでスマホ買い取りサイト「みんなのすまほ買取」を運営するニューズドテック(東京・千代田)によれば、2月初旬から7月初旬までの半年間で、iPhone13(256GB)、iPhone12(256GB)、iPhone11(256GB)の買い取り価格(Aランク)は、それぞれ15.4%、8.5%、7.8%増えた。

調査会社のMMD研究所(東京・港)が2022年4月に実施した調査によると、中古スマホの所有率は11.6%と20年の約2倍となった。21年に利用する通信会社を限定した販売方法の廃止が中古品の流通増を促している側面はあるものの、やはり一番の要因は「スマホの高額化」だろう。

10年前の12年9月に発売されたiPhone5の価格は税抜きで6万1680円からだった。最新機種の価格の約半分であることからも、iPhoneの価格は年々高くなっているのが分かる。だが、各国のiPhone価格に目を転じてみると、日本の販売価格は依然として割安だ。

価格改定後もドイツや中国より安い

下図は、最新機種であるiPhone13、iPhone13 Pro Max、およびiPhoneSE(第3世代)の各国における販売価格を7月19日の為替レートでドル換算したものだ。日本に関しては、7月に実施した値上げ前後の販売価格、両方を表示している。

7月の価格改定前、日本のiPhone価格をドル換算すると、米国を下回る水準だった。価格改定後はようやく米国を上回るようになるも、日本の場合、アップル直販サイトに表示されている販売価格は10%の消費税込みの価格だ。米国価格は税抜きで、これに各州が定める小売売上税などの税金が上乗せされる。

米国での税金を勘案すると価格差は縮まるが、7月の値上げで日米の価格差が完全に解消されたとはいいがたい。一方、ドイツや中国と比較すると、円安効果で価格改定後も日本のiPhone価格は割安だ。長らく所得水準が上昇していない日本人にとっては「高根の花」になりつつあるiPhoneだが、米国以外の外国人にとっては「お買い得」なのである。

同様の傾向は、調査会社、MM総研(東京・港)が実施した調査からも明らかだ。同社は値上げ前の6月、34の国・地域を対象に、アップルの直販サイトで販売されているiPhone13などの価格を調べた。それによると、6月1日の為替レートで換算した場合、調査対象としたモデルのいずれにおいても日本が最も安かったという。例えば日本では6月時点で9万8800円で売られていたiPhone13(128GB)は、日本以外の平均価格は12万6433円だった。

前出の家電量販店の担当者は「外国人観光客の入国制限が緩和されたせいか、6月中旬に入り新品、中古を問わずiPhoneを購入する外国人が増え始めている。中には転売目的なのか、複数台購入する人もいる」と話す。

アップルもこうした転売対策に乗り出したもようだ。アップルストアは、外国人旅行者などの非居住者向けに実施していた消費税免税対応を6月21日で終了した。だが、こうした措置を取ったとしても、日本のiPhoneは安い。

日本のスマホシェアの半分近くを占めるだけに「iPhoneが日本でさらなる値上げに動くとそもそも高すぎて売れなくなるのでは」(家電量販店関係者)と、一段の値上げに懐疑的な声は根強い。海外と比べれば割安だが、グローバルで見ればまだ値上げの余地は大きいともいえる。円安は、日本のiPhoneユーザーに思わぬ試練を強いている。

(日経ビジネス 武田安恵)

[日経ビジネス電子版 2022年7月21日の記事を再構成]

日経ビジネス電子版

週刊経済誌「日経ビジネス」と「日経ビジネス電子版」の記事をスマートフォン、タブレット、パソコンでお読みいただけます。日経読者なら割引料金でご利用いただけます。

詳細・お申し込みはこちら
https://info.nikkei.com/nb/subscription-nk/

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ビジネス

企業経営・経済・社会の「今」を深掘りし、時代の一歩先を見通す「日経ビジネス電子版」より、厳選記事をピックアップしてお届けする。月曜日から金曜日まで平日の毎日配信。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン