/

この記事は会員限定です

マルハニチロ、サバとコロナに泣く「虎の子」養殖マグロ

篠原英樹

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

マルハニチロの養殖事業の収益力が低下している。連結売上高の2%を占めるにすぎない事業だが、民間で初めて商業化に成功したクロマグロの完全養殖など同社のブランドイメージや技術力の看板も背負う。魚価の下落もあって部門別で営業赤字が続き、2022年3月期を最終年度とする中期経営計画で掲げる営業利益や総資産利益率(ROA)などが未達に終わりそうな一因となっている。マグロの稼ぐ力の復活が次期中計には欠かせない。

従来の天然...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1690文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン