/

改正個人情報保護法とは 漏洩防ぐ対策の開示必要

きょうのことば

▼改正個人情報保護法 インターネットの普及で名前やメールアドレス、位置情報、本人の属性など個人情報の保護が世界的に問題になっていることを受け、現在の個人情報保護法が4月に強化される。電子商取引(EC)などネットを通じたサービスで得た顧客情報を扱う企業にとってはこれまでよりも厳格な対策が必要になる。

企業が個人情報の扱いや、漏洩を防ぐためにどう対策を講じているかといったことをサービスの提供前などに具体的に示す必要がある。情報漏洩が起きた場合、個人情報保護委員会への報告と本人への通知を義務付ける。措置命令違反や義務違反があった場合の罰則も強まる。

個人データの利用についての消費者の停止請求権も拡大するほか、海外事業者などへのデータ処理の委託など企業活動のグローバル化にも対応している。個人情報の保護を法律などで強化する動きは欧州や米国などでも進む。データの不正利用やサイバー攻撃による情報漏洩は企業にとって責任の重さが増している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン