/

ソフトバンク系、サイバー攻撃監視 保険とセットで販売

ソフトバンク傘下のSB C&S(東京・港)は、顧客を狙うサイバー攻撃の監視とサイバー保険とを組み合わせたサービスの提供を始める。外部からの不審な通信やマルウエア(悪意のあるプログラム)を検知する防御に加え、被害を受けた際に生じる費用を支払う。保険が自動でついてくるセキュリティー商品は珍しく、事故時のすみやかな金銭補償で企業の復旧をサポートする。

MS&ADインシュアランスグループホールディングス傘下の三井住友海上火災保険と提携し、既存の監視サービスにサイバー保険を付帯して販売する。保険内容は全体の損害補償が最大500万円で、このうち復旧などの費用は最大200万円を補償する。保険の提供期間は監視サービスの開始日から1年間となる。

SB C&Sは、情報セキュリティ―の専門家が顧客企業への攻撃を見張るSOC(セキュリティー・オペレーション・センター)と、顧客の端末内に導入し不審な通信を検知する「EDR (エンドポイント検知・対応)」ツールを使った監視を提供している。

ただ、攻撃手口は日々進歩し、特定のサイバー商品のみで確実に防御しきれるとは限らない。日本企業のサイバー保険の加入率は1割以下にとどまるとされ、事故発生時の巨額の賠償や費用を支払うことで事業への影響を防ぐ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン