/

国内メタバース市場は2026年度に1兆円超え 民間予測

日経クロステック

矢野経済研究所(東京・中野)は21日、インターネット上の仮想空間「メタバース」の国内市場に関する調査結果を公表した。2021年度の国内メタバース市場規模は744億円で、26年度には1兆円を超えると予測する。バーチャル展示会やオンラインセミナーなど法人向けのサービスが先行して普及し、続いて消費者向け市場に浸透していくという。

国内メタバース市場規模はメタバースプラットフォームに加え、コンテンツやインフラなどのプラットフォーム以外、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)などのクロスリアリティー(XR)機器の合算値を基に算出している。22年度の国内メタバース市場規模は、21年度比245.2%の1825億円になると見込む。同調査ではゲーム専業のサービスは対象外とした。

新型コロナウイルスの影響で、社内会議など仮想空間で代替するサービスの需要が急増した。コロナ禍が継続する中、今後もバーチャル関連サービスの需要は継続するとみる。将来はメタバース事業に参入する企業が増え、法人向けのオンラインイベントのほか、教育・トレーニング、ネット通販での接客やショッピング体験など幅広い産業分野で活用が広がると予測する。

(日経クロステック/日経FinTech 井原敏宏)

[日経クロステック 2022年9月21日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン