/

東海理化、社用車の稼働状況をグラフ化

東海理化は社用車管理システムで車両の稼働状況をグラフ表示できる機能を追加したと発表した。同社のデジタルキー(電子鍵)技術を活用して収集した稼働状況を一目で分かるように表示する。利用者は稼働実態に合わせて保有台数を適正化しやすくなり、コスト削減につながるという。

同社が2022年4月に発売した社用車管理システム「FREEKEY(フリーキー)社用車予約」は、利用者のスマートフォンで自動車のドアを開け閉めできるデジタルキーを使う。デジタルキーによる施錠・解錠の履歴を使い、時間別や日別に車両の稼働状況をグラフで示す。

同社はこれまでもアルコール検知機の測定結果を自動入力する機能などを追加してきた。同社は今後も顧客のニーズに沿った機能の充実を通じシステムの販売拡大を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません