/

この記事は会員限定です

JR東日本、ESG人材育成 環境課題で新事業探る

東京駅に拠点 社内外で来年度400人

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

JR東日本は事業を通じて環境や社会問題などを解決するESG(環境・社会・企業統治)人材の育成を始める。このほど東京駅に拠点を新設。社内外から参加者を募り、2022年度末までに400人弱を育てる。JR東は広大な沿線を持つが、人口減や在宅勤務の広がりで鉄道事業の大きな成長が見込めない。環境課題を発掘し、社外を含め新規事業の創出につなげる。

9月中旬、東京駅の一画。主に社会人を対象にした10月開校の講座...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1929文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン