/

この記事は会員限定です

IFRS、「のれん」現行ルール維持 定期償却せず

[有料会員限定]

国際会計基準(IFRS)を開発する国際会計基準審議会(IASB)は24日、M&A(合併・買収)で生じる資産「のれん」の会計処理について、減損損失だけを使う現行のルールを変えないと決めた。日本の会計基準のような毎期規則的に費用化する定期償却ルールの導入が争点だったが、現行ルールを積極的に変えるだけの材料がないと判断した。

24日の理事会で採決をとり、11人の理事のうち10人が現行ルールを維

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り490文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン