/

新型コロナ感染症 悪化にかかわる抗体特定、阪大

大阪大学の荒瀬尚教授らの研究チームは24日、新型コロナウイルス感染症の悪化に関わる抗体を見つけたと発表した。感染を防ぐ働きをする「中和抗体」の効果を弱めていた。重症者から多く見つかっており、感染したことのない人でも持つ場合がある。こうした抗体を作らないワクチンの開発に役立つ成果だという。

新型コロナウイルスは人の細胞表面にある「ACE2」というたんぱく質にくっついて細胞内に侵入する。研究チームは感染者の血液から76種類の抗体を取り出して調べ、ACE2にウイルスがくっつきやすくなる抗体6種類を見つけた。これらを中和抗体と混ぜると、中和抗体の感染を防ぐ力が弱まった。

見つけた抗体がウイルス表面にある「スパイク」というたんぱく質にくっつくと、スパイクの構造が変化し、その結果、細胞にウイルスが侵入しやすくなっていた。重症化に関わる可能性もあるという。

研究チームは見つけた抗体の中で、スパイクにくっつく部位を特定した。荒瀬教授は「この抗体はワクチンを接種した際にも作られる場合がある。抗体が作られないようにワクチンを改良することは可能だ」と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン