/

東電EP、マンションに実質再エネ電力 東急不動産と

東京電力ホールディングス傘下で電力小売りの東京電力エナジーパートナー(EP)は、東急不動産の分譲マンションで実質再生可能エネルギーの電力を供給する。設置する太陽光パネルから電力を自給でき、余った電気は蓄電池にためて夜間に供給する。まず10月から都内の分譲マンションで導入する。

東急不動産が10月に販売を始める「ブランズ牛込柳町」の屋根に15キロワットの太陽光パネルと、42キロワット時の蓄電池を設置する。東電EP子会社のファミリーネット・ジャパン(東京・港)が共用部と専有部に電力を一括で供給する。

電気料金は東電の通常メニューより約5%安くなる。環境価値を示す非化石証書を別途調達し、実質再生エネとみなせる電力を供給する。

災害時には蓄電池にためた電力から共用部などに電力を送る。蓄電した電気を携帯電話の充電に使う場合、全住戸の電気を最大11日間まかなえる。平時はマンションの電力使用量を東電が分析し、省エネなどを定期的に管理組合に提案する。今後は他の分譲マンションにも展開し、環境意識の高い層の需要を開拓する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン