/

この記事は会員限定です

SNS有害投稿、揺れる監視と削除 Googleやヤフーは強化

[有料会員限定]

SNS(交流サイト)各社が誹謗(ひぼう)中傷や過激な投稿への対応を強めている。ヤフーはニュースのコメントに電話番号登録を義務付け、米グーグルは動画投稿の「ユーチューブ」で年内に暴力を助長する投稿への対応を厳しくする。各社は人と人工知能(AI)を組み合わせ監視するが、社員削減に踏み切る企業もあり、有害投稿の排除は容易ではない。

「コンテンツモデレーション(投稿の管理)への姿勢は変わっていない」。米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2273文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません