/

ゾフ、ユナイテッドアローズとコラボした眼鏡

リラックスアットホームシリーズの眼鏡は、寝ながら読書をしても壊れにくいようにした

眼鏡専門店「Zoff(ゾフ)」を運営するインターメスティック(東京・港)は、セレクトショップ大手のユナイテッドアローズと組んだ眼鏡を10月1日に発売する。リモートワークなど新型コロナウイルス下の日常生活を意識したデザインを採用し、仕事のオンとオフで使い分けられるような眼鏡をそろえる。

ゾフとユナイテッドアローズの協業プロジェクトの第1弾として、「RELAX AT HOME(リラックスアットホーム)」シリーズと「WORK TIME(ワークタイム)」シリーズを展開する。

リラックスアットホームは自宅で過ごす休日に使うことを想定する。着用時の機能性と上品なイメージのデザインを取り入れた。眼鏡をかけたまま横になっても変形しにくい素材を採用し、ベッドで寝ながら本を読むときでも使いやすい。ワークタイムは仕事をしているときの着用を想定し、きちんとした印象に見えるデザインをそろえる。

リラックスアットホームとワークタイムでそれぞれ6つの型を用意した。価格はセットレンズ代込みで8800円から。ゾフの公式オンラインストアでは先行予約販売を開始しており、10月1日からは全国の「ゾフ」店舗でも販売する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン