/

この記事は会員限定です

「勤務地不問」求人、コロナ禍前の13倍 ビズリーチ調べ

[有料会員限定]

遠隔勤務の条件で優秀な即戦力人材を全国から採用する動きが広がっている。求人サービスのビズリーチによると、2021年6月時点の勤務地を問わない新規求人数の割合が新型コロナウイルス感染拡大前の20年2月と比べて13.2倍となった。正社員が対象で大半がリモート勤務対応の案件だという。

ビズリーチは管理職や専門性の高い「ハイクラス人材」が主な利用対象で、求職者の平均年収は約750万円。4月時点で130万人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り225文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン