/

日立ハイテク系、カメラなど光学部材の計測器

測定性能を高めた分光光度計「UH4150AD+」

日立ハイテク子会社の日立ハイテクサイエンス(東京・港)は、カメラなどに使う光学部材の性能を高精度に検査できる装置を日本で発売すると発表した。検出できる範囲を広げ、検査時のノイズも少なく済む。カメラや赤外線センサーに使う光学部材の性能を調べる機器の引き合いは強まっている。

販売する分光光度計は、測りたい部材に光を照射し、光の波長ごとにどのくらい光を吸収するかやどのくらい透過するかを調べられる。日立ハイテクサイエンスが開発した分光光度計は、従来製品に比べ、近赤外線の波長で測定性能を高めている。

また、検出部には高感度なInGaAs(インジウムガリウムヒ素)化合物半導体を搭載したことで、光の透過が少ないときでも測定の誤差につながるノイズの発生を少なくできた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン