/

この記事は会員限定です

「パーパス経営」を考える 野中郁次郎氏・花王沢田会長

[有料会員限定]

企業に社会貢献が求められるにつれ各業界に「パーパス経営」が広がっている。先行きの不確かな時代に組織の一体感を保ち、顧客や株主にも自社の存在意義を明確にする必要性が出ているためだ。「失敗の本質」の著書もある経営学者、野中郁次郎一橋大名誉教授と、ESG(環境・社会・企業統治)を経営の根幹に据える花王の沢田道隆会長が、企業の経営理念について語り合った。(文中は敬称略)

花王、時代にあわせ「生活寄り添う」

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3747文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン