/

この記事は会員限定です

住商、スタートアップ投資でDX開拓 自社の知見と融合

商社進化論 第7部 新興企業と駆ける(3)

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

住友商事がCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)によるスタートアップ投資を加速している。住商が強みを持つ通信やIT(情報技術)の運営力と企業の技術を組み合わせ、ヘルスケアなど新事業を育成する。創業の支援事業との両輪で、デジタルトランスフォーメーション(DX)を中心に技術と知恵を結集させる。

オンライン診療に活用も

住商のCVCが2017年に出資した米スタートアップ、プルーム。自宅のWi-Fiを自動で最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1828文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン