/

この記事は会員限定です

多様性配慮、経営力の源泉に 男性育休1カ月超へ腐心

スマートワーク経営調査

[有料会員限定]

少子高齢化で生産年齢人口が減る日本では、性差の隔てなく人材の多様性を生かした職場づくりが企業の経営力の源泉となる。特に出産や育児などライフステージの変化の影響を受けやすい女性がキャリアを後回しにせず働ける環境整備が急務だ。カギを握るのが男性の働き方改革。企業は男性の育児休業取得促進に工夫をこらす。

2022年のスマートワーク経営調査では、男性の育休取得に関する回答の改善が目立った。注目すべきは1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2901文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません