/

この記事は会員限定です

コロナ下、患者減っても死亡数が増えるがん

がん社会を診る 東京大学特任教授 中川恵一

[有料会員限定]

16年からすべてのがん患者の情報を国が集計する「がん登録」が始まっています。

がん登録による公開データは2018年が最新です。20年のデータが公表されるまで時間がかかりますが、19年に比べて患者の数が減ることは間違いないと思います。 

すでに紹介しましたが、日本一の患者数を誇るがん研究会有明病院(東京・江東)では2020年の胃がんの手術件数が19年より約3割も減っており、とくに早期がんの手術の減少...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り697文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン