/

この記事は会員限定です

特許訴訟、第三者の意見募集可能に

改正特許法で

[有料会員限定]

5月に成立した改正特許法で、裁判所が特許権侵害訴訟で専門家などから意見を集める「第三者意見募集制度」が導入された。規格や評価方法を統一して互換性を高める技術の標準化が進み、判決が幅広い業界に影響を与える訴訟が増える可能性がある。こうした訴訟で必要な証拠を効率的に収集する手段として期待される。

同制度に基づく意見は「アミカスブリーフ」と呼ばれ、米国では「特許訴訟ほか幅広い民事訴訟で活用される」(一色...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り435文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン