/

この記事は会員限定です

はやぶさ2試料から液体の水 地球外で初、海の起源解明へ

[有料会員限定]

東北大学や宇宙航空研究開発機構(JAXA)などの研究チームは、探査機「はやぶさ2」が採取した小惑星「りゅうぐう」の試料(サンプル)を分析し、液体の水を発見した。一滴にも満たないが、宇宙の天体で採取した水は初めて。地球の水の起源や太陽系の成り立ちの解明のカギになる成果だ。

研究成果は22日付の米科学誌「サイエンス」に掲載された。

過去に隕石(いんせき)から宇宙由来の水を検出した例は報告されている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り692文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン