/

この記事は会員限定です

JR東日本社長「構造改革で黒字化」 株主総会で強調

[有料会員限定]

JR東日本の深沢祐二社長は22日、都内で開いた定時株主総会で「構造改革に全力で取り組み黒字化を目指す」と述べた。鉄道事業は新型コロナウイルス禍前には戻らないとして、不動産など「非鉄道」事業の強化で3期ぶりの最終黒字転換を目指す方針を強調した。

深沢氏は総会の冒頭、「コロナ後も顧客の利用は以前の水準に戻らない考えのもと、ビジネスモデルの変革を加速する」と述べた。同社の2023年3月期の連結最終損益...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り531文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン