/

この記事は会員限定です

凸版印刷、DXビジネスへシフト デジタル転換できた訳

[有料会員限定]

ポストコロナを迎える今、各業界をリードするイノベーターたちはデジタルトランスフォーメーション(DX)をどう考えているのか。人工知能(AI)開発と実装を現場で見ているAIビジネスデザイナーの石角友愛氏が、凸版印刷執行役員でDXデザイン事業部長の柴谷浩毅氏を同社がDX事業に取り組み始めたきっかけや社内の変化について聞いた(2022年4月12日に取材)。

◇    ◇    ◇

――凸版印刷というと紙...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り7250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン