/

この記事は会員限定です

後発薬、薄利多売で低い品質意識 欠品・出荷制限続く

後発薬 揺らぐ基盤㊤

[有料会員限定]

後発医薬品の供給混乱が長引いている。国内の使用比率が8割弱に達し医療体制の基盤であるにもかかわらず、新薬を含めて約2割の品目で出荷制限されている。メーカーは品質管理の強化や増産を図るが、多数の企業がシェアを争う薄利多売の構造を改める道のりは遠い。バイオ医薬品など先進技術を磨く海外大手との差は広がり、日本の地盤沈下も懸念される。

3月末、東京都内の薬局では棚に「全メーカー入荷未定」と付箋が貼られて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1848文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン