/

イオン、「ワオン」をApplePayに対応

イオンは21日、電子マネー「ワオン」が米アップルの電子決済サービス「ApplePay(アップルペイ)」に対応したと発表した。スマートフォン「iPhone」や腕時計型端末の「アップルウオッチ」で利用でき、非接触での支払いやチャージもできる。キャッシュレス決済の広がりに合わせて電子マネーの利便性を高める。

ワオンは累計発行枚数が8800万枚を超え、イオングループの店舗など全国約86万カ所で利用できる。これまでも米グーグルの基本ソフト(OS)を搭載したスマホには対応してきたが、米アップルの電子決済にも対応することでより利用拡大を図る。

合わせてアップルのOS、「iOS」での新アプリも配信。買い物時の利用金額の一部をイオンが自治体などに寄付する「ご当地ワオン」を全国どこでも発行できるようにした。イオンは自社のスマホ決済「イオンペイ」を今秋から始めるなど、キャッシュレス決済サービスの拡充に注力している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン